長い夢から覚めた

とても唐突に長い夢から覚めた。

いい夢でした。

さなぎが蝶になるのを目撃して、初めて見る美しさに惹かれて歩いていたら、いつのまにか暗く長いトンネルを抜けていた。

そこは光に満ちた場所で、遠くのほうに桃源郷が見える気がした。

桃源郷は砂漠の蜃気楼のようで、近づいたかと思うとフッと消えてしまう。

眩しさに目がくらみながら追いかけて、視界の隅に入る影がだんだん大きくなって。

あれ? これは夢かな? ふと気づいた。

そして目が覚めました。

とてもとてもいい夢でした。