彼が必ず采配するから大丈夫

ここのところWhatsAPPに毎日のように来るインド人からのメッセージの山にほとほと弱り切っていたのもあって、こんな画像きちゃったよ、というのをTwitterに投稿したら、やはりインド事情に詳しい人がタグをつくってくれまして。 インドあるあるといった感じで、各人が受け取った画像を、とほほ半分&やっぱ …

天竺への距離

家庭の事情により幼少時から日本国外にはわりと行っているほうですが、がっつりとその地に腰を落ち着けたことは、あるようで意外にありません。 「住んだ」といえる国は、ブラジル、マレーシア、インド、イギリス。長くても3年程度で、ちゃんとした社会的意義があったのは父の仕事の都合だったブラジルだけ。 あとは留学 …

セクハラ? in インド -ブランコに揺られて-

セクハラが話題の昨今。 私のビジネスセンスのなさや無知をさらけ出すのもどうかと思って寝かせてあった話ですが、まあ、いいや。 リアル・未知との遭遇 すこし前のことになりますが、とある商材のOEM生産を見込んで、インドの片田舎の町に行ったことがありました。 事前のメールのやりとりで「小ロット生産OK、輸 …

シークレットなスーパースター

ようやく『Secret Superstar(2017)』を観ました。 インドでの公開は2017年10月、DVDは未発売で正規ルートではないのと、ひじょうに個人的な感想を持ったので、Masala Pressではなくこちらにひっそりと書くことにします。全然レビューではないのであしからず。 本作では、日本 …

#本日のインドファッション

毎度ガクッとうなだれます。 なににって、写真に写った己の姿に。 こんなはずじゃなかったよなー。 瞼に残るは、20代の姿。もっとシュッとしていたし、シミもシワもタルミもなかった。 中身が変わらないまま歳だけとるというのはあまりみっともいいことではありません。 年齢を重ねたなりの、重ねただけの内面がにじ …

やがて実がなる大きな樹

みなさん、お元気ですか? 東京は春なのに初夏の陽気が続いています。朝晩涼しくて、湿気がなくて、日中はカラッと日差しが強烈で。一年中こうだったらいいのに。 さて。毎日、楽しい話しかなくて、やっぱりあれです、好きなことをやるというのは一番の正解なんだなと実感しています。 もちろん人生の最初からそれができ …

未知との遭遇、なう

澄んだ瞳でにっこり微笑むポートレート。私のどストライクの好みとは、かなり違う。 私が好きなのは、撮り手の粘りや計算とは裏腹に、神様にしか成し得ない、その時々の偶然の妙が表れたような、仕組まれていない瞬間を切り取ったような、そんな写真で、緻密に計算され作り込まれた写真とは正反対にある。 20代の数年間 …

バナーラス再訪

ガンジス河に登る朝陽は毎朝違って、毎朝きれい。薄暗いなか、チャイを飲みながら朝陽を待つ時間が懐かしい。 とある素敵な写真家の方が講師を務める写真教室と撮影ツアーの同行スタッフとして、2001年から2003年にかけて長期滞在していたヒンドゥー教最大の聖地バナーラスを再訪しました。 最後に行ったのが20 …

シュリーデーヴィー逝く

週末は衝撃的なニュースで始まりました。 朝起きたら私のSNSのタイムラインは「シュリーデーヴィーが亡くなった」というニュースのシェアで埋め尽くされていまして。 ええ? 嘘でしょう? 聞いた全員の第一声がそれだと思います。だってまだ若すぎるし、去年も主演作品が公開されているし。 私がインド映画にハマり …

アンジャリはFire TV Stickを手に入れた!

もとはといえば、加入しているオンライン配信サービスをテレビ画面で観たい、という欲望でした。 Amazonはついにプライム会員になってしまったし、インド映画配信のEros Nowや、インド映画が多いことで定評のあるNetflixもあるし、実はまだあまり試していないけれど南インド系の配信サービスにも加入 …