ようやくはじまる!

吉日、という縁起は担ぐほう。新しいことを始めるのに絶好の天赦日という日があって、2月1日がその日だと聞きつけ。 15分ほどで開業届をダダダダーッと打ち込みまして。 冷たい雨そぼふる中、カッパに身を包みママチャリを走らせ張り切って馴染みの税務署に到着したら改装移転中。わはは。 凍えながら移転先まで行き …

規格外荒削り商品のこと

インド映画を1本、正規に日本に持ってきてお客さんを集めて上映して、利益を出す。 これ、簡単なことじゃないです。 まず仕入れ。 配給会社でもない団体が、インドの配給元にまともに相手にしてもらうのがまず難関。 入り口からして正門ではないところ、金額その他の諸々条件を取り決めて双方合意できるところに達する …

個人と法人

個人と法人。いろいろ違いはあるけれど。 広義ではインドじゃなくてもそうなのだけど、インド相手に個人形態は日本よりもずっと難しい。 決断のとき。

追い風が吹くとき

霧がスーッと晴れるように、物事が進むときがあります。 過去に何度か、そんな超ラッキー期が到来したことがありました。 大都会の東京砂漠(古い)に暮らしていると信号待ちは日常茶飯事なのですが。 昨日は一日、一度も信号に引っかかりませんでした。 空恐ろしくなるほどに、行けども行けども青信号。 蒔いても蒔い …

無駄なことはひとつもない!

インドに住んでいたころ、映画と踊り以外に夢中になっていたことのひとつに、仕立て屋通いがあります。 服をデザインして、生地を選んで、仕立て屋に持ち込んで、着たい服をつくってもらう。 服飾を勉強したわけではないので、スットコドッコイな作品ができることも多く、我が家には着られない布の山がいまだにあります。 …

足りないものが補われていく

こう、いたって普通、凡人も凡人、とりたててスペシャルな才能があるわけでもなくて。 たまったまインドにハマってしまったがためになんだかちょっとズレているだけで。ちょっとのズレが重なって、月日が経つにつれだんだんおっきなズレになっていくというか。笑 自分のことはそんなふうに思っています。 で、起業をした …

国際都市・新宿は本当に国際的なのか

いえね。いつもカレーの匂いが漂うこのブログも、たまにはジャパンなテイストを入れたくなりました。 今朝、朝の散歩がてら、新宿の高層ビル群を眺めに行きましたですよ。 ちょっと先の話にはなりますが、なんとなくいただいているお話のリサーチも兼ねて、最近よく新宿の大きなホテルのカフェやレストランに行きます。 …

この笑顔にコミット

私の夢と、誰かの夢と、顧客の嬉しいが、合わせて叶って、みんながハッピー、八方よし。 そういうものをつくれるか? クリアすべきハード面、ソフト面、前途いろいろ待ち構えていますが、ここがふんばりどころね。 同時進行の案件たくさんで最近めっきり脳細胞が減った脳みそがパンクしそー!!!  あれだ、私、この女 …

ビジネスは出会いのもの

なんだかわからないけど、すごくいい出会いがあったように思います。 これからの展開を考えると楽しくてしかたない! 朝の散歩のあと、チェッティ・メラという祭りの縁日にきました。朝の縁日は、テキヤのみなさんがチャイを飲んだり、掃除をしたり、だらだらとしゃべっていたり、なんだかオフな感じで、それも楽しい。 …

突撃! 隣のビジネスウーマン

いてもたってもいられない もう1年以上前のことになります。2015年秋の連休、まだモーレツ多忙なサラリーマンだった私は、1週間の休暇をひねり出し、子どもの世話をあちこちに頼み込み、単身、ムンバイにいました。 インド映画をもっと普通に日本で観たいのに、過去何回か、インド映画が立て続けに何本か紹介されて …